カルシウム

乳酸菌でスキンケアも

ある日突然起こる肌コンディションの変化、原因が分からず困ってしまった経験はありませんか?
肌のキメが荒くなったり、肌荒れを起こした時は、何かとスキンケアに頼りたくなるものですが、実は原因は他にあるかもしれません。
お肌の調子が良くないと思ったら、まず第一に食生活を、次に腸内環境を見直してみましょう。

・まずは乳酸菌で腸内環境を改善
乳酸菌は体内に摂りいれることで悪玉菌と戦い、腸内を良好な状態に改善してくれる働きがあります。
実はこの腸内環境の改善こそがポイントで、お肌にも非常に良い影響を与えてくれるのです。
肌の状態は、体に取り込んだ食べ物や毎日の生活がそのまま表れているといっても過言ではありません。
特に第二の脳ともいわれる腸については、腸内の状態が悪くなればなるほど、有害物質(毒素)が出て血液に乗り、肌のコンディションを悪化させていくといわれています。
肌荒れはもちろん、化粧乗りの悪い肌やツヤのないくすんだ肌コンディションにも繋がるおそれがあります。
毒素が出ているとは知らず、外からスキンケアやメイクでカバーしようとしても、根本的な解決にはならないのです。
ニキビや吹き出物が増えたり、突然肌荒れが出てきた時は、同時に便秘や下痢などのトラブルが起きていないか確認してみてください。
その際、もしお腹の調子が良くなかったら、乳酸菌を摂って腸内に善玉菌を増やしてあげましょう。
腸内環境が改善すると体内の老廃物の量が減り、肌のコンディションもだんだんと良くなっていきますよ。

・乳酸菌を配合したスキンケア製品もおすすめ
乳酸菌とお肌の関係について述べましたが、乳酸菌を直接配合した化粧水や美容液もあります。
化粧水や美容液の成分で乾燥を予防し、乳酸菌で保湿力をプラスして乾燥肌を改善
肌状態を整え、肌荒れやお肌のカサつきを予防し、もっちりとした肌コンディションに導いてくれます。
\食事やサプリメントで体内に補うのはもちろん、乳酸菌は肌に直接付けてもよい万能な善玉菌です。

美肌の心強い味方として、ぜひ菌活を取り入れたライフスタイルを始めてみてはいかがでしょうか。